マタニティマークを付けない妊婦

最近になって知ったことですが、近年、マタニティマークを付けない妊婦がとっても多いようなんです。単に知らないのではなく、あえてつけない、という人が増えています。その理由は何なのでしょうか。

一つ目は、あざといと思われたくない、というもの。たとえば電車などでマタニティマークをつけていると、舌打ちをされながら席を譲られた、という経験のある妊婦は多いようです。暗に席を譲れ、というようなメッセージにも取れるマタニティマーク。たしかにその気持はわかります。

もう一つは、同性からの妬み。近年では不妊女性はとても多く、晩婚化も進んでいるため、何らかの事情でこどもを産むことを諦めた女性はとても多くいるといいます。そんな中で、たしかに妊娠していたらそれと比べて子供を産めない自分は・・・となってしまうのも不思議ではありません。
そんな事情から、嫌がらせをされてしまうこともあるようです。

つまり、人間関係によるリスクとリターンを考えて、あえてマタニティマークをつけない、という選択肢はとても理解できることですね。

肌にうるおい、足りてますか?オススメの保湿方法

肌にうるおいが足りていないと、肌トラブルを招くことになります。そんな時は、保湿美容液でうるおいを与えてやるとよいです。肌にうるおいを与えてくれる保湿美容液はおすすめで、乾燥が気になる人や、保湿がしたい人にぴったりのアイテムです。普通の美容液と何が違うのかというと、保湿美容液は、配合されている成分が違います。その名の通り、保湿成分がしっかり含まれています。美容液は、栄養を肌に与える目的で作られているので、凝縮された栄養が配合されています。保湿美容液にはさらに、優秀な保湿成分が配合されています。おすすめの保湿成分は、セラミド、スフィンゴ脂質、水素添加大豆レシチン、ヒアルロン酸、ステアリン酸コレステロール、コラーゲン、天然保湿因子のNMFなどです。これらの保湿成分が配合されている保湿美容液を使えば、うるおい素肌を手に入れることができます。保湿美容液でおすすめなのは、富士フィルム独自の保湿成分であるナノセラミドとアスタキサンチン配合のジェリーアクアリスタです。洗顔後の素肌に使うと肌にみずみずしさとハリを与えてくれます。